インプラント|診療案内

菊川駅,森下駅,歯科 ホーム > インプラント症例集|診療案内>上顎骨の薄い症例 S.E様 70代女性

サイナスリフト インプラント症例

上顎骨の薄い症例 S.E様 70代女性

L6部に骨がほとんどないのがCTで確認できます。CTで血管の位置を確認し、クレスタルアプローチ、CGF、ピエゾによる、上顎洞粘膜挙上術を選択。
骨が無いのでクレスタルアプローチ、CGF、ピエゾサージェリーで骨をつくり、インプラントを埋入します。初期安定は得られています。腫れ、痛みは翌日ほとんどありませんでした。
月に一度検診に来ていただき。
ペリオテストを測定し、5ヵ月待って型をとります。
インプラントの周囲に骨が出来てきてます。

ペリオテスト値もマイナスの値で、インテグレーションが獲得されてます(インプラントが骨に結合したということ)。
セラミック冠をかぶせてます。
長持ちするよう咬む面はメタルにしてます。
術後1年、骨がインプラント周囲に出来ていて上顎洞粘膜の肥厚もなく経過良好です。

おおにしデンタルクリニック

[住 所]
東京都墨田区菊川1-10-6
[TEL]
03-3635-2545
[FAX]
03-6659-3994
[交 通]
菊川駅徒歩1分 / 森下駅徒歩5分

3Dでより正確に

キッズスペース完備 おかあさんも安心して治療にいらしてください

ページの先頭に戻る